痩せるなら冬から始めるダイエット!夏に差がつく冬痩せ習慣♪

なんで冬からダイエットするのがいいの?

痩せたいと思いダイエットを決意したけど…
「まだ寒いし…もう少しあったかくなってからでいいか!?」って思っていませんか?

確かに暖かい方が体も動かしやすいし、外でのダイエットができるからいいって思いますよね!

でも、それは単なる甘えた考えって自分でも気づいているはずです。

実際、ダイエットを効率よくするのであれば、春~夏よりも、秋~冬の方が、
効率よく痩せる事ができるんです。
なんで?
「寒いのになんで?」
「夏場の方が体温があがって汗を大量に書くから痩せやすい!」
「寒いので体温を保とうと脂肪を蓄えるため痩せにくいはず」

っという声が聞こえてきそうで、意見はそれぞれだと思うんですが、結論からいうと、冬場の方が脂肪を蓄えやすい反面、体が対応を維持しようとするため脂肪燃焼がしやすいんです!

たしかに…夏は少し体を外で動かしただけで大量に汗をかき、運動強度もキツく感じて実際に運動後前後に体重を測ると、同じ運動内容・運動時間でも、冬と夏で行っても冬よりも夏のほうが体重の減少が多くなります。

ただ…ここで気をつけて欲しいのは減っている体重の内訳のほとんどが「脂肪」ではなく「水分」であるということなんです。

ダイエットをするのであれば減らしたいのは体脂肪のほうですよね?

一方、冬は体を動かさない状態であっても、体が寒さのなかで体温を36度前後(人間がキープして置くべき体温の基準値)に保とうとしてカロリーを消費します。

人間はカロリーを消費して生命維持をする必要があり、なにもしていなくても生きていくのに必要なカロリー消費を「基礎代謝」といいますが、冬は夏にくらべて基礎代謝が高くなるためダイエットを行うと…

同じ運動でもカロリー消費が高い=脂肪燃焼効率がいい→痩せやすい!となるんです^^

しか~し!あなたもよくご存じのように冬は1年の中で最も体重が増えやすい時期でもありますよね。
それには次の5つの理由があります。

  1. 寒さを防ごうと体が脂肪を蓄えようとする
  2. 年末年始で必要以上のカロリーを摂取している(忘年会・クリスマス・新年会)
  3. 寒いので体を動かすのがおっくう。カロリー消費の機会激減
  4. 重ね着で体型が隠せるという安心感・油断から
  5. 「冬は太りやすく痩せにくいから仕方ない」という思い込み

はっきり言って1以外は自分がいかに節制できるかいう事で、どうにかなる問題なんですよね^^;
わかっちゃいるけど、できない自分が恥ずかしいと思った人もいるかもしれませんが、

この記事で「冬は痩せやすいダイエットの季節なんだ!」と認識してもらえるよう、
冬のダイエットを成功してもらうための習慣とプラスαで使うと効果がある商品もご紹介します!

冬に限らず太ってしまうのはどうして?

おデブのイメージ
太ってしまう理由といえばもちろん、食べ過ぎや飲み過ぎでおこるカロリーオーバーです!

摂取したカロリーの体内での使われ方は基本的は2つ!

「生命維持をするためにエネルギーとして消費される」or「脂肪として体内に蓄えられる」
この2つに1つです。

代謝量に対して、摂取したカロリーがマイナス、もしくは同率であれば太る事はありません。逆に取りすぎてオーバーした分は脂肪となるので太ってしまうということになります。

なので動かない日は動かないひの量を食べて、多く活動する日はたくさん食べるという事を意識すればいいということです。
カロリーは先にご説明したように「代謝」によってのみ消費され、この代謝には3種類の代謝があります。

3つの代謝を理解して高い基準で維持する事が大事!

よくダイエットなどや健康番組で、痩せるためには代謝を良くしてカロリー消費しやすいカラダを作る事ができ時といいますが、
健康的に痩せたいのであれば、それ以外の方法はないんです。

「代謝」の3つ種類を簡単にご説明します。

基礎代謝

人間が生命を維持するために最低限必要なエネルギー代謝量のことで、心臓の拍動・呼吸・体温維持・筋緊張などの生命活動のための代謝で、寝ていても消費されます。
筋肉量が多い人の方が、動かすためのエネルギーが必要なため基礎代謝は高くなります。

生活活動代謝

日常の生活活動や痩せるためのダイエット運動によっても消費する運動エネルギーのことです。歩く・走る・通勤で自転車をこぐ・縄跳び・ジムでのエクササイズなどはすべてここに含まれます。

特殊代謝

食後に体温が上昇する現象のことです。食事誘発性熱産生 (DIT)とも呼ばれ、体内に吸収された栄養素を分解して一部が体熱となって消費されます。そのため食事をした後は、安静状態でも代謝量が増えるこのでポカポカするんです。

「冬太りしちゃったぁ~」とい人がいますが、冬は夏に比べて基礎代謝が高くなるので、夏よりは少しであれば多めに食べても問題ありません。

ただ何事も限度はあるので、年末年始に節制をして基礎代謝量に対して摂取カロリーを減らす、オーバーしたらカラダを動かすといった事で冬太りではなく冬ダイエットを成功させる事ができます!

冬のダイエットを成功にさせる生活習慣!

朝食は抜かない

朝食のイメージ
冬に限らず1年を通してやってほしいことなんです。「寒い朝でも、コーンスープ一杯で体が温まった」という経験があるはずです。
これは、前述した食事誘発性熱産生 (DIT)というものです。体が温まっている=カロリーが消費されるので基礎代謝も高まるので脂肪消費ができる効果につながります。

食事はカロリーを消費しながらカロリーを摂取する、食べ物を食べると汗がでる人がいますが、こういった人は食事をしながら消費もしっかりしている証拠です!

カラダをあたためる

紅茶のイメージ
冬太りを防止手するための対策の基本は体を冷やさないことです。体温が1度上昇すると、基礎代謝が約12%アップするともいわれています。

前述したように基礎代謝というのは、何もしなくても消費するカロリーのことで、生命維持するために最低限必要なカロリーのことをいいます。そして1日の消費カロリーの実に75%は「基礎代謝」なんです。

基礎代謝をいかに下げないかが痩せやすい体づくりには重要です。そのためには冷たいドリンクを避け、温かいお茶を飲み物を飲むようにしましょう。

※知っているかたもいると思いますが、コーヒーや緑茶や体温をさげる傾向があるので、紅茶などがおすすめ♪ショウガを吸って入れたりすると更に効果がアップします^^

カロリーコントロール

野菜のイメージ
冬の時期は体温を上げるために体内で燃焼するエネルギー量が多くなります。夏に比べて冬のほうが基礎代謝は高くなりますのでダイエットをすると痩せやすいカラダの状態にあります。

「なのになんで冬に太る人が多いの?」いう声が聞こえてきそうですが理由はカンタン。

基礎代謝が高くなる以上に、食事や生活習慣が乱れているからです。

前述しましたが消費カロリー以上のカロリーを摂取する=太る→冬部太りとなります。

また冬は億劫がって外出する機会が減るので運動量も低くなります。

当然、消費カロリーが減りますよね?なのに今までと食べる量(摂取カロリー)をそのままにしておけば?…はい太りますw

冬はダイエットの大敵でもある「美味しいもの」が多い季節です^^;

人間の不思議なところで、目の前に物がなければ「食べない」という意思で画面できるのですが、食べ物が目の前にあると満腹でも食べてしまうんです。

食事をしたのにちょっとチョコをひとつまみ…あっおせんべいも食べちゃお♪って経験ありますよね?

このように、ダラダラ食べないこと。不要な食べ物は棚にしまっておく・視界から消すなどして欲求を制御しましょう!
とはいえ、いきなりお菓子をゼロにはできないと思います。

逆に我慢しすぎでストレスを持ってしまったらダイエットもうまく痩せられないので週に1日は解禁日を作りましょう。

体を動かす

階段と女性のイメージ
これは、生活活動代謝を高めることが目的なので急に無理な負荷を掛けなくても大丈夫です!日常生活の中で体を動かすことを意識しましょう。

具体的には、掃除をしたり散歩をしたり…あとは意識的に「不便」を自分にさせるのがいいです。
どういうことかというと、

・5階以下のときは、エレベーターを使わず階段で
・出勤・お出かけで電車に乗るときはエスカレーターを使わない
・いつもは自転車でいってるスーパーまで歩く
・電車で座らない…etc

ちょっとした事でも習慣にすれば間違いなく生活活動代謝は高まります。

コツコツとカロリー消費していきます。この習慣なら時間をとって運動する必要はないのです。

こういった痩せやすいカラダを手に入れるための“痩せ脳”を持った人たちにとっては、「歩く=面倒くさい」ではなく、「歩く=カロリー消費の機会」といプラスの考え方なんです。
基礎代謝の高まっている冬に体を動かさないのは本当にもったいないことなのです。

まとめ

いかがでしたか?夏よりも冬のほうが痩せやすいことについて理解でき、スタイルの良い人が持っている習慣が見えてきたと思います。

一つひとつは意外とカンタンにできることばかりなので、まずはひとつ。慣れてきたら組み合わせて取り入れてみてください!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.

bijotre

美女のトレンド公式アカウントです。サイトの更新情報やニュース記事などはを投稿していきます。当サイトで発信していく情報がみなさんの生活の中のプラスになれば幸いです。

ABOUTこの記事をかいた人

美女のトレンド公式アカウントです。サイトの更新情報やニュース記事などはを投稿していきます。当サイトで発信していく情報がみなさんの生活の中のプラスになれば幸いです。